仮想通貨始めました〜仮想通貨の始め方と為替FXとの違いを簡潔に5つだけ〜

久々の投稿です.

2017年は仮想通貨の年らしく,「あれ,やってないな」と思ったので始めました.

FXの更新も今年2月で滞ってしまったので,定期報告は難しそうですが…

そこで感じたことを簡単にまとめます.

1.「取引所」と「販売所」があることを学ぶ

為替FXでは売買するときにポチとボタンを押せば,その金額で売買出来ます.これが「販売所」方式です.その会社がある程度通過を保有していて,会社と取引をするイメージ.

一方「取引所」方式はそのタイミングで売りたい人と買いたい人の指定価格と量がマッチしないと売買が成立しない方式です.その会社は場だけを提供し,その場で個々人で取引をするイメージ(手数料は会社に取られる,場代?)

2.「国内」と「国外」があるが,まずは「国内」でビットコインを買わないと始まらない上,認証に数日以上かかる

手数料のことを考えると,海外で最大の取引所であるbinancehitBTCで頑張りたいところだが,日本円は取り扱っていない.

そのため,国内サービスにおいて日本円でビットコインを買わないと,そもそも入金ができない.そこで使いやすさも考慮してcoincheck coincheckbitFlyerに登録する.

各所で取扱通貨,手数料,サービスがまったく無視できないくらい異なる.

円/ドルのFXであればスプレッドが0.3銭など率にして0.003%くらいだが,仮想通貨の取引では率で5%前後,下手すると10%以上のスプレッドにもなる.

この4つのうち国内外各1つずつは最低限,さらに色々口座を持ったほうがリスク分散的にも良さそうだ.

(国内)coincheck →ビットコイン取引所 coincheck

(国内)bitFlyer → bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

(国外)binance →binance

(国外)hitBTC →hitBTC

3. 国内サービスでも取引手数料を抑えられるサービスがあることがわかる

国外の取引所に通貨を長期間置いておくことにはリスクがあり,日本円での出金まで手間がかかるため,できれば手数料を抑えつつ国内サービスで完結させたいとも思うようになった.

changellyがそれを叶えてくれる.他のサービスと連携して最安値の手数料で通貨の取引を行ってくれるサービスである.

changelly →changelly

4. 為替みたいに止まる期間がないので24時間365日取引が行える

為替のFXは土日は市場が休みのため,お休みである.これは休日は気が休められるという利点もあるが,時間があるときに取引を行えないことも意味する.

その点仮想通貨はいつでも取引ができる(できてしまう)

5. 税制度がFXよりも厳しい

FXでも仮想通貨でも 20万円未満の収入であれば,確定申告により税金を支払う必要はない.(他の理由で確定申告をする場合はする必要がある)
問題は20万円以上儲けたときである.
FXはいくら稼いでもその利益に対して20.315%である.
一方仮想通貨は本業の収入と合わせた所得と合わせて所得税を計算することになる.そのため,ある程度以上の収入がある場合にはより多くの(最大で55%!)税金が課せられます.
まぁそれだけ課せられてみたいものですが…笑
 
2018年どうなるか楽しみです.