読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「聲の形」の映画と原作漫画版の両方を見ての感想

お久しぶりです.

年末が近づき忙しくなったためブログから遠ざかっていましたが,ここで4つ目のテーマ「映画,アニメ,漫画」についてです.

 

2016年の日本映画というと,どうしても「君の名は。」が想起されますが,

ほぼ同じ時期にやっていた「聲の形」についてです.

基本情報

・映画

監督:山田尚子

制作会社:京都アニメーション

原作作者:大今良時

公開年:2016年9月

 ・漫画

作者:大今良時

出版社:講談社

巻数:7巻(完)

出版期間:2013年〜2014年

 

感想

ストーリー

先に映画を見て,その後に漫画を読みました.

中心は耳の聞こえない少女とのコミュニケーションの取れない難しさですが,それはあくまでひとつの題材であり,全体として,登場人物各所における気持ちのすれ違い,自分の本心と行動の食い違いが語り続けられています.

そのすれ違いや食い違いをそのままにしてはいけない,と感じた主人公がその各所に対して不器用でありながらも修正を働きかけていくところはなんとも自分もそうなれたらな,と思ってしまいました.

そして結局はじめ一番うまく通じあっていなかった主人公たちが最後は一番通じているというのは,やはり物語だなぁという感じではあります.

映画はとても良く作られています.

漫画よりもその核となるメッセージを伝えるために,サイドのストーリーやメイン以外のキャラの登場,物語は一部再編成やカットされており,2時間という長さを効果的に使っていると思います.

その一方,映画を見ただけでは,「なんでそうなったのか」とか「その後どうなったのか」といったどうも腑に落ちない部分が少なからず残った部分も多いように思いました.その一部は漫画で解決しましたが,それでもなおその大半の部分が残っています.

これは作者と自分のコミュニケーションの難しさか,その難しさというメッセージを身をもって伝えるための作者の仕掛けかもしれません.

映画の絵

君の名は。」も新海アニメとして,とても絵がきれいですが,それとはまた違う絵のきれいさがあります.

新海アニメの美しさを現実世界に近く,忠実で鮮明な,写真的美しさ,とすれば,

「聲の形」の美しさはそれこそ絵であり,淡く,絵画,水彩画的美しさと言えるかと思います.

映画の効果

音響と場面の切り替え方もかなり効果的に用いられており,主人公たちの心情の変化に合わせて,大きく自分の心も揺すぶられている印象を受けました.

これぞ映像化の成功のしかただな,という感じです.

 

おわりに

「聲の形」は人によっては少々重すぎる,と感じるかもしれません.

それでも向き合うべきものにしっかり向き合わなくてはいけないな,という気持ちにもなりますし,是非オススメしたい映画,そして漫画でした.

 

FX収支報告(2ヶ月目後半)〜FX収入と税金〜

2ヶ月目後半の収支報告です.

 ドルポンド豪ドルNZドルユーロランド全体収支
前累計 12500 876 23045 6735 0 1254 44410
11月第3週 16564 -2395 3748 2446 0 98 20461
11月第4週 6915 1667 5866 0 2020 98 16566
11月第5週 3312 9992 9849 624 -24863 105 -981
期間合計 16791 9264 19463 3070 -22843 301 36046
累計 39291 10140 42508 9805 -22843 1555 80456

考察

今回はなんとなくユーロにも手を出してみたのですが,損切りを忘れ,適当に放置していたら,悲惨なことに… あまり多くの種類を扱うのは良くないですね. 今週末はイタリアの混乱があるかもしれないということで,大きなリスクは負いたくないので,ランド以外はポジションなしにしました.ちなみにランドはしなにか起きない限りしばらく保有しておく予定です.

FX収入と税金

年末が近づいてきたということで,会社では年末調整,そうでなくても確定申告が気になる時期になりました.副業禁止の会社でもFXは運用なので,良しとされていてやっている人も多いのかな,と思います.ただ,年間の利益が20万円以上になった場合は,確定申告を行う必要があります.行わなければ脱税ですね.

年間20万円ということは毎月2万円をコンスタントに稼ぐと超えてしまうので,わりと簡単に超えてしまいそうです.今回私の場合は10月スタートだったので,まず問題なさそうですね.

また,年間で利益ではなく,損失を被ってしまった場合も,(あまり考えたくはありませんが)確定申告を行ったほうが後々お得です.その翌年に20万円以上利益を出したとしても,その損失分の税金を免除してくれる仕組みがあるからです.赤字の場合も現実としっかり向き合ってやるべきことをやった方がいいということですね.

FX収支報告(4, 5週目) 〜トレード期間に対する姿勢の取り方〜

4, 5週目の報告です.
これまで週ごとにやってきましたが,12月からは月ごとにまとめていこうかと思います.

 ドルポンド豪ドルNZドルランド全体収支
前累計 8214 9540 9417 4806 0 31977
2週合計 4286 -8664 13628 1929 1254 12433
累計 12500 876 23045 6735 1254 44410

考察

アメリカ大統領選の影響を為替がもろに受ける中での取引でちゃんと流れを読めていればがっぽり儲けられたであろう2週間でした.
でもそこはまだ初心者ということで控えめに…
控えめでやっていたつもりでしたが,ポンドの暴れ馬ぶりにはついていくことができず,大きくマイナスを被ってしまいました.
ちょっとした操作ミスが原因だったのですが…

また,今回からお試しで南アフリカのランドにも手を伸ばしてみました.リスクが大きそうですが,それも勉強ということで. どうなるかは今後のお楽しみですね.

トレード期間に対する姿勢の取り方

どれだけの期間を見据えて取引を行うかで,トレードに対する戦略が変わっていくようです.感覚だけではだめですね. これを考え始めたのもポンドで大きなマイナスを無意識のうちに出してしまったからです.

  • スキャルピングトレード
    1回のトレード時間:数分,1回の利益確定範囲:数pips~10pips
  • デイリートレード
    1回のトレード時間:1日以内,1回の利益確定範囲:数十pips~100pips
  • スイングトレード
    1回のトレード時間:1週間以内,1回の利益確定範囲:100pips=数百pips
  • ポジショントレード
    1回のトレード時間:数週間以上,1回の利益確定範囲:数百pips~1000pips

いままでは損切りなどもあまり考えず,上記のどれにも当てはまらないようなトレードをしていたように思います. これからの方針は基本をデイリートレードとし,必ずOCO注文を行うことで,大きな損失を出さないことを前提に取引を続けていきます. スイングトレードやポジショントレードにの方針を取ると,スワップが比較的大きく影響してくることもわかりますね.

HTMLにおける表要素のグルーピングと条件分岐を用いた制御

長らく,FXの定期更新のみになっていましたが,久々に違うテーマで記事を書きます.3つ目のテーマはちょっと広く,「プログラミング,ソフトウェア」です.
まぁ「プログラミング,ソフトウェア」は研究のツールとして欠かせないわけですね.
さて,前回のブログで表をHTMLで作成したのですが,HTML初心者にはなかなか難しかったので,記事としてまとめておこうと思いました.

エクセルではある値以上なら赤で,ある値未満なら青みたいな表要素の制御がGUI上で簡単に行なえます.
格好良くないとはいえ,やはりエクセルが便利なことは否定できません.
それをHTMLで行うとどうなるか,下に実際のあまりきれいではないソースコードも載せてあるので,参考にしていただければと思います.

表の要素のグルーピング

<thead>, <tbody>(複数可), <tfoot>で行方向のグルーピングを,<colgroup>で列方向のグルーピングを行います.
行の一部,列の一部をグルーピングする方法はわかりませんでした.(できるのなら教えて欲しい)

表の要素の制御

JavaScriptを使います.

<script type="text/javascript">

で導入することができます.
table生成時に,idを付けておき,

<table id="sample_table">
  ,,,
</table>

それを指定することで呼び出します.

val table = document.getElementById('sample_table')

表の各要素の参照は

  for (var i=1; i<table1.rows.length; i++) {
    for (var j=1; j<table1.rows[i].cells.length; j++){
      var data = table1.rows[i].cells[j].firstChild.data
    }
  }

により可能です.
このfor文の中にif文を入れることで,各表要素に対して,
0より大きければ文字色を赤に,0より小さければ文字色を青に,などといった制御が可能になります.

おわりに

 数字さえ書き換えれば,今後も使えるものにはなりましたが,
なかなか使い勝手が悪そうなので,CSVからこのHTML+JSのソースコードを生成するようなものを作成するつもりです.

参考1:前回のブログの表のソース

<table id="table1" style="table-layout: fixed; width: 100%; border: solid 3px #000000;">
  <colgroup style="border: solid 2px #000000;"></colgroup>
  <colgroup> <col span="4" /> </colgroup>
  <colgroup style="border: solid 2px #000000;"></colgroup>
  <thead style="border: solid 2px #000000;">
    <tr><th> </th><th>ドル</th><th>ポンド</th><th>豪ドル</th><th>NZドル</th><th>全体収支</th></tr>
  </thead>
  <tbody style="text-align: right;">
    <tr><th style="text-align: center;">先週まで</th>
      <td>5782</td><td>2119</td><td>5688</td><td>3352</td><td>16941</td></tr>
    <tr><th style="text-align: center;"></th>
      <td>172</td><td>3454</td><td>1376</td><td>-138</td><td>4864</td></tr>
    <tr><th style="text-align: center;"></th>
      <td>1344</td><td>834</td><td>1319</td><td>761</td><td>4258</td></tr>
    <tr><th style="text-align: center;"></th>
      <td>608</td><td>1459</td><td>1135</td><td>545</td><td>3747</td></tr>
    <tr><th style="text-align: center;"></th>
      <td>-18</td><td>1288</td><td>37</td><td>0</td><td>1307</td></tr>
    <tr><th style="text-align: center;"></th>
      <td>326</td><td>386</td><td>-138</td><td>286</td><td>860</td></tr>
  </tbody>
  <tfoot style="text-align: right; border: solid 2px #000000;">
    <tr><th style="text-align: center;">週合計</th>
      <td>2342</td><td>7421</td><td>3729</td><td>1454</td><td>15036</td></tr>
    <tr><th style="text-align: center;">累計</th>
      <td>8214</td><td>9540</td><td>9417</td><td>4806</td><td>31977</td></tr>
  </tfoot>
</table>

<script type="text/javascript">
  var table1 = document.getElementById('table1');
  for (var i=1; i<table1.rows.length; i++) {
    for (var j=1; j<table1.rows[i].cells.length; j++){
      var cell_ij = table1.rows[i].cells[j]
      if(cell_ij.firstChild.data>0){
        cell_ij.style.color='red';
      }
      if(cell_ij.firstChild.data<0){
        cell_ij.style.color='blue';
      }
    }
  }
</script>

参考2:はてな記法におけるソースコードの表し方.

 >|java|
    #↑ここで言語指定
    #この中にソースコード
 ||<

言語を| |で指定することで本ブログのようにソースコードに色をつけて表示できます.
(見た目をよりきれいにするためにはgistの方が良いです.)

参考3:はてな記法の本文中におけるHTMLの括弧の表記方法

  &lt内容&gt

この出力が<内容>

FX収支報告(3週目)〜ファンダメンタルズ分析の重要性〜

3週目の報告です.

収支報告

 ドルポンド豪ドルNZドル全体収支
先週まで 5782 2119 5688 3352 16941
172 3454 1376 -138 4864
1344 834 1319 761 4258
608 1459 1135 545 3747
-18 1288 37 0 1307
326 386 -138 286 860
週合計 2342 7421 3729 1454 15036
累計 8214 9540 9417 4806 31977

今回から表はHTML+JSで作成することにしました. やっぱりエクセルの表をそのまま貼るのは格好悪いかな,と思ったので!作り方についてはばた別の機会にまとめます.

考察

先週立てた目標通り,週あたりの利益5桁を達成しました! 一方で,日ごとに見るとその額は徐々に減少していっています.

考察1.ファンダメンタルズ分析の重要性

FXの分析には主に2種類,テクニカル分析ファンダメンタルズ分析があるみたいです.

今週はお比較的影響の大きい指標の発表を完全に見過ごしていたため,途中でいっきに評価額が下がる事態を経験しました.(その後どうにか持ち直し,大きな損失を出さずに済んではいますが)

逆に言えば,それをちゃんと考慮した上で取引を行えていたら,2倍以上に利益を出せた可能性もあったと感じます.今後はしっかりいつ何の指標が発表され,どのような影響がありそうか,しっかり週末のうちに見ておこうと思います.

来週の重要な指標

ということで,今後は毎週この項目を追加しようと思います.

10/31(月)
  • 21:30 アメリカ 個人所得,支出
11/1(火)
  • 12:30 オーストラリア 中央銀行政策金利発表
  • 15:30 日本 黒田総裁 定期会見
  • 23:00 アメリカ ISM製造業景況指数
11/2(水)
11/3(木)
  • 09:30 オーストラリア 貿易収支
  • 21:00 イギリス 中央銀行政策金利発表
  • 23:00 アメリカ ISM非製造業景況指数
11/4(金)
  • 21:30 アメリカ 貿易収支,雇用統計発表

おわりに

ファンダメンタルズ分析を行うことで,今までふーんとしか思わなかった社会情勢にも興味をも傾けられそうですね.来週はなかなか変動が激しそうですが,しっかり対応し,また5桁を目指します.

 

FX収支報告(2週目)〜各通貨の特徴把握〜

2週目の報告です.

収支報告

f:id:octa_superbity:20161022224420p:plain

今週も順調でした. 

考察

現在はドル,ポンド,豪ドル,NZドルの4種を対円で取引しています.

徐々にそれぞれの通貨の特徴が見えてきたので,メモとしてまとめたいと思います.

考察1.4種の通貨の円とのペアにおける特徴
ドル 円

魅力はなんといってもスプレッドの小ささ!

少し動くだけでスプレッド分が回収できるので,建玉がないときの通勤中などの暇つぶしとかにちょいとやることがあるくらいです. 

あとはアメリカの金利に対する判断に注目する.

金利が上がるかどうかのコメントで大きく動きそうです.

ポンド 円

1通貨あたりの金額が高いので,取引には少し金銭的余裕が必要.

魅力は金額の動く幅.

EU離脱の話からいっきにポンド安が進みましたが,その後も変動が激しいです.

ちょっと挑戦したいと思ったときには流れを見つつポンドですね.

豪ドル 円

魅力はスプレッドと変動幅の安定性とスワップのバランス.

ドルやポンドよりは大きいですが,豪ドルのスプレッドも比較的回収が容易です.

一方で,ドルやポンドと比べてスワップがかなり大きいです.

比較的相場が安定しているときには豪ドルで少し放置することもありかもしれません. 

NZドル 円

魅力はスワップと金額の動く幅.

この4通貨の中では最もスプレッドの大きい通貨ですが,スワップも最大です.

また,豪ドルと似た変動をすることも多いですが,常にそういうわけでもなく,変動幅も大きいです.

その分リスクが大きいので相場の行方がわかりやすいときにさっと稼ぐために使います.

 おわりに

徐々に社会的背景も把握しつつ取引を行っていこうと思います.

勉強しないと,,,

来週はの目標は利益を5桁の大台に乗せることですかね.

 

 

 

FX収支報告(1週目)

FXを始めて1週間.

初めての収支報告を.

収支報告

f:id:octa_superbity:20161016120922p:plain

すべて対円で収支にはスワップを含みます.

基本的に円安傾向にあり,初心者の私にもわかりやすい流れでした.

考察

明らかに木曜から取引金額が大きくなりました.

そう,少し慣れたし,ということでレバレッジを上げたのです.

注意1 レバレッジ建玉を持っている間は下げることができない!

一時的に上げようと思って上げたとしても,すべての建玉の決済が終わらないとレバレッジを下げることはできないようです.

FX屋さんの思惑にハマっているということでしょうか…

注意2 発注の桁を簡単に間違えてしまう!

レバレッジを上げると取引可能額がうんとアップします.

そしたら,例えば1,000通貨だけ買おう,とか思っているときに知らぬ間に10,000通貨の取引をクリックしたりしてしまいます.

その場で収支がプラスの方に触れていたらいいのですが,いっきにマイナスになっていたら,このミスはなかなかの痛手ですね…

おわりに

とりあえず好調な出だし!

徐々に社会的背景とかも抑えつつ取引を行っていきたいと思います.

2週目以降もこのままプラスでいきたいですね.